IOSは、実臨床でのフィラジル®の使用データを収集した試験です。複数の試験結果が報告されておりますが、ここでは主な結果をご紹介させて頂きます。

海外で進行中の登録観察研究(The Icatibant Outcome Study:IOS)1-2)

■試験概要

目的
HAE発作に対する実臨床下でのフィラジル®の有効性と安全性を評価する。
試験デザイン
国際共同、前向き観察研究(試験継続中)
対象
フィラジル®を処方されたⅠ型又はⅡ型HAE患者のうち、2009年7月から2012年2月までにIOSデータベースに登録され、完全なデータセットが得られた136例(426発作)
試験方法
イカチバントとして1回30mgを皮下注射する。IOSに集積されたデータを用いて、発作発現からフィラジル®初回投与までの時間、症状消失までの時間、ならびに発作持続時間を評価した。
統計解析手法
発作発現から初回投与までの時間の違いにより「1時間未満 vs 1時間以上」「2時間未満 vs 2時間以上」「5時間未満 vs 5時間以上」に分け、初回投与までの時間、症状消失までの時間ならびに発作持続時間を、反復測定混合モデルを用いて各群を比較した。

1)Maurer M, et al. PLoS One. 2013; 8: e53773.
2) Zanichelli A, et al. Allergy 2017; 72: 994–998.
本研究はシャイアー社の資金提供及び支援により実施されました。

有効性

発作持続時間は、初回投与までの時間が1時間以上(中央値:14.0時間)に比べ、1時間未満(中央値:2.0時間)で有意に短くなっていました(p<0.001、反復測定混合モデル)。「2時間未満 vs 2時間以上」「5時間未満 vs 5時間以上」でも同様に、初回投与までの時間が短い方が、発作持続時間は短くなることが観察されました。

発作発現からフィラジル®投与までの時間の違いによる発作持続時間の差

発作発現からフィラジル投与までの時間の違いによる発作持続時間の差 発作発現からフィラジル投与までの時間の違いによる発作持続時間の差

[ 初回投与までの時間、症状消失までの時間、発作持続時間の定義]

発作発現からフィラジル投与までの時間の違いによる発作持続時間の差 発作発現からフィラジル投与までの時間の違いによる発作持続時間の差

安全性

フィラジル®との因果関係を否定できない有害事象(n=557)

件数(%) 例数(%)
全体 43(100.0) 17(3.1)
薬効
欠如
6(14.0) 5(0.9)
注射部位紅斑 6(14.0) 1(0.2)
血圧
低下
4(9.3 1(0.2)
充血 4(9.3) 3(0.5)
疼痛 3(7.0) 2(0.4)
胃炎 2(4.7) 1(0.2)
適用部位疼痛 1(2.3) 1(0.2)
胸部
不快
1(2.3) 1(0.2)
胆石 1(2.3) 1(0.2)
うつ病 1(2.3) 1(0.2)
浮動性めまい 1(2.3) 1(0.2)
心窩部不快感 1(2.3) 1(0.2)
熱感 1(2.3) 1(0.2)
頭痛 1(2.3) 1(0.2)
帯状
疱疹
1(2.3) 1(0.2)
注入部位疼痛 1(2.3) 1(0.2)
注射部位疼痛 1(2.3) 1(0.2)
注射部位そう痒 1(2.3) 1(0.2)
悪心 1(2.3) 1(0.2)
非心臓性胸痛 1(2.3) 1(0.2)
治療用製品無効 1(2.3) 1(0.2)
逆流性食道炎 1(2.3) 1(0.2)
ヘルペス後神経痛 1(2.3) 1(0.2)
体重
減少
1(2.3) 1(0.2)