フィラジル®による「遺伝性血管性浮腫(HAE)」の治療を受けている患者さんとご家族の方へ
フィラジル®正しくご使用いただくために患者さんと、ご家族の方々に「フィラジル®」を正しく理解・使用していただくための情報を掲載しています。

フィラジル®とは

フィラジル®は、遺伝性血管性浮腫の
急性発作に対して
自己注射が可能な
初めての皮下注射製剤です。

firazyr firazyr

フィラジル®による治療理解しましょう

正しく投与するために自己注射のトレーニングが必要です。
のどに発作が起きた場合は、フィラジル®を投与したのち、病院を訪問し 医師の診察を受けてください。
副作用が出た場合には主治医に相談してください。(詳しくはこちらから)
使用済みのフィラジルは容器に入れ、医療機関へ持参し廃棄してください。
定期的に病院を受診してください。

HAEの原因フィラジル®の作用について

HAE患者さんはC1インヒビターがうまく働かず
「ブラジキニン」が過剰に増えることで発作が起こります。
その様子をくわしく見てみましょう。
HAEによる浮腫の直接的な原因であるブラジキニンと、
ブラジキニンの働きを抑えるフィラジル®の
作用を見てみましょう。

発作早めに治療
しましょう

HAEの浮腫は過剰に作られたブラジキニンが、
ブラジキニン受容体にくっついて
血管内の水分が血管の外(皮ふの下)に
漏れ出すことでどんどん腫れて
いきますので、
腫れ始めたら直ちに治療することが重要です。

ダムの僅かな水漏れがやがて堰を切って
洪水になっていく様子を思い浮かべてください。
ダムからちょろちょろと水漏れが始まったら、
ダムが決壊して大洪水に至る前に、
速やかに
ダムの水漏れを堰止めることが重要であるように、
HAE発作によって腫れ始めたら、
できるだけ早く治療することを心がけてください。

発作時、
ただちに打てるように

準備しておきましょう

発作の早い段階で、速やかに
フィラジル®で治療をするためには、
自己注射の方法を正しく理解し、
十分な練習をしておくことが大事です。
以下の動画と自己注射ガイドブックを
活用して、しっかりと準備して
おきましょう。

自己注射ガイドブック

フィラジル®皮下注30mgシリンジ
(フィラジル®)をご自身で注射される方へ

> ダウンロードはこちら

フィラジル®を正しく
投与するために
医療機関
自己注射のトレーニング
受けてください。

フィラジル®トレーニングキット

フィラジル®トレーニングキット

トレーニングは
かかりつけの医療機関で受けることができます。
くわしくは主治医にお尋ねください。

あなたの大事なご家族、
ご親族を守るために
ファミリーテスト

HAEと診断された方は、
ご家族・ご親戚など血縁者の中にも
HAEの方がいるかもしれません。

HAEは親から子に50%の確率で
遺伝しますが、治療法のある疾患です。
ファミリーテストは、HAE患者さんの
ご家族・ご親戚など血縁者を対象として、
HAEを診断するための検査です。
簡単な問診と血液検査でHAEを
診断することができます。

ファミリーテストで正しい診断がつけば、
正しい治療を受けることができ、
未診断の状態で危険にさらされている
かもしれない、あなたの大事なご家族
を守ることができるのです。

「3分でわかるファミリーテスト」動画

よりよい治療
受けるために

HAE治療を支援するための
サポートツールをご紹介します。

HAEマーク HAEマーク

HAEマークは、
腫れた手の症状を表すだけではなく、
優しさ、温かさを感じる要素を加え、
腫れた手をもう一方の手が
いたわる様子を表現しています。

HAEの認知度はまだ低く、
未診断の患者さんが多くいらっしゃいます。
また、診断されても
適正な治療がなされていなければ
日常生活が大きく制限されます。

武田薬品は、
この状況を改善したいという強い
「想い」より、
HAEの認知向上と
HAE未診断患者ゼロの世の中を目指して
「HAEマーク」を作成しました。
TOPへ戻る