このようなHAEの発作(腫れ)を我慢していませんか?

このようなHAE(遺伝性血管性浮腫)の発作(腫れ)を我慢していませんか?〜手の発作・足の発作・おなかの発作

発作の部位がどこであっても、我慢しなくても大丈夫です。

なぜ発作(腫れ)を我慢しなくて良いのか?

このようなHAE(遺伝性血管性浮腫)の発作(腫れ)を我慢していませんか?〜手の発作・足の発作・おなかの発作

HAE(遺伝性血管性浮腫)のすべての発作は生活に影響をおよぼすことがあるため、どの部位の発作でも早期治療をすることが重要です。
HAE発作の重症化予防と早期回復のためにも早期治療をしましょう。
国内外のHAE診療ガイドラインにおいても、発作(腫れ)の部位によらず、早期治療が重要であると記載されています。※1 ※2

※1:世界アレルギー機構、欧州アレルギー・臨床免疫学会「遺伝性血管性浮腫診療のためのWAO/EAACI国際ガイドライン‒2017年改訂・更新版」
※2:日本補体学会「遺伝性血管性浮腫 診療ガイドライン 改訂2019年版」

フィラジル®による自己注射

フィラジル®は自己注射が可能なため、発作が起こったその場で治療ができます。
●十分な練習を行ったのち、医師の判断により自己注射が可能となります。
●のどの発作の場合、まず注射をしてから主治医に連絡のうえ必ず来院してください。
●薬のことや、治療のタイミングのことでわからないことがあった場合には、主治医にご相談ください。

フィラジル®による自己注射/自己投与可能/突発的な発作に対応可能/携帯可能/2~25℃で保存

フィラジルについて